このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム トラブル 実は多いリフォームトラブル!トラブル事例を知って対策しよう

実は多いリフォームトラブル!トラブル事例を知って対策しよう

341view

2018.01.23

リフォームでのトラブルって何があるの?

飛び込み訪問に関するトラブル

リフォームをする時に業者とトラブルになってしまう事例は多々あります。まずリフォームをする際に訪問販売で来た業者と契約して起きるトラブルについてですが、リフォーム業者は直接自宅などに訪問して営業をする事があります。訪問してきた業者とそのまま契約してしまうと以下のような問題が起こる可能性があり注意が必要です。

  • 訪問してきた際そのまま契約して代金を振り込んだのに工事に来ない
  • 訪問してきた業者の勢いに負けて契約してしまったけど解約したい
  • 必要のない工事まで契約させられてしまった

こういった様々なトラブルが報告されています。訪問してくる業者と契約をする場合、依頼主があらかじめ業者の情報を調べているわけではないので、その業者がどういった会社なのかを知らずに契約してしまうパターンが多いのです。

また訪問してきた業者がなかなか帰らず、業者側の圧に負けて契約してしまったトラブルも起きやすいといえます。飛び込み訪問などで来た業者と契約してしまうと他業者と比較をせずに契約する事となり、比較をしないがために高い費用を請求されてしまったという事例もあるので注意が必要です。

見積もりや施工などのトラブル

まず見積もりに関して起こるトラブルですが、見積書トラブルで多いのは見積書の金額と実際に請求された金額が違うというものです。見積書には安い材料で記載しておいて実際の工事では見積もりと違う材料を使っていたという悪質なものから、業者との食い違いで当初の見積もりより高くなってしまったというトラブルもあります。

そもそもしっかりした見積書や工程表を作らずに工事に取り掛かってしまう業者もあるようで、「言った」「言っていない」の討論となりらちがあかないといった事例も多いのです。施工に関してのトラブルは設計書と出来上がったものが全然違うというトラブルが多く、窓のサイズが設計書よりも小さい場合やキッチンのサイズが間違っている場合など様々な事例があります。

キッチンの場合は既製品を使用したほうが工事に掛かる時間も費用も抑える事ができますが、費用を安くするために既製品にしたのにサイズが合わないといったトラブルもあるようです。そしてアフターサービスに関しては工事が終わってから不具合が見つかっても補修に来てもらえない事や、不具合でやり直しを頼んでも料金を請求されてしまったという事例が報告されています。

その他ではリフォームの補助金を水増しするといったかなり悪質な業者も存在しています。リフォームの補助金は依頼主にとっても費用を抑えられる良い制度なのですが、それを利用した業者がいるのも事実です。

リフォームでトラブルにならないためにやる事

まず飛び込み訪問で来た業者とのトラブルですが、一番の対策はその場で契約を決めない事です。リフォームをしたいと思った時にちょうど業者が訪問してくると、業者選びの時間が短縮されるといったメリットはあります。しかしその業者とトラブルになってしまえば余計に時間が掛かるので、せっかくのメリットもデメリットとなってしまいます。

そうした事態を避けるためにもその場で契約を決めずに、じっくり考える時間を作る事が大切です。断りにくいという場合は、用事などの理由をつけて業者を家の中へ上げないようにしましょう。見積もりトラブルに関しては、見積書は必ず作成してもらい業者の話を鵜呑みにせず隅々までチェックする事が大切です。

また使用する材質も品番の確認まできちんとしておく事で、行き違いによるトラブルを防ぐ事が可能になります。不透明なところがないか確認する事を徹底し、もし不透明なところがあるならその場できちんと指摘する事がトラブルを未然に防ぐためには必要です。そして施工に関しては工事中も業者に任せっきりにするのではなく、きちんと工事がされているか確認を行う事が大切です。

気がつかないうちに注文したものとは別の素材を使っている業者も存在しているので、監視をする事も重要な事だといえます。アフターサービスに関しては不具合があった時にどのように対応してもらえるのか、細かいところも含めてしっかり確認しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る