このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 戸建 建て替えとリフォームの比較ポイント【費用・工事期間】

建て替えとリフォームの比較ポイント【費用・工事期間】

290view

2018.01.23

建て替えとリフォームを費用面で比較する

一新できるが高額の費用がかかる建て替え工事

不動産の建て替え工事には新築と同程度の費用がかかります。物件の規模にもよりますが中古の一戸建てを建て替えるとなると最低でも2,000〜3,000万円の費用がかかります。家族構成の変化などで減築して建て替えるとしても費用はそれほど安くなりません。

建て替えで高額の費用がかかるのは解体費用と住宅の基礎や構造部分の工事が大きな負担になるからです。

古い物件を建て替え工事ができるよう更地にするためには解体工事が必要です。解体工事にかかる費用は安くても100万、規模が大きくなるほど費用は高額になります。さらにコンクリートの住宅基礎まで解体して作りなおすとなれば追加費用が必要になり、住宅を解体するだけで300万円近い費用がかかるケースも珍しくありません。

建て替えでは柱や梁など構造そのものも新しいものが使用されるので使えるものは流用されるリフォームよりも費用がかさみます。すべてが新しくなり経年劣化によるトラブルを気にする必要がないのが建て替えの大きなメリットですが、費用面を考えれば決して負担は小さいとはいえません。

プラン変更で費用をおさえられるリフォーム

リフォームは建て替えに比べると費用を安くおさえられるというメリットがあります。住宅の全面的なリフォームでも構造や基礎を流用できる分費用を節約できますし、キッチンリフォームや間取り変更など住宅の一部のみを工事するのであればさらに費用は安くおさえられます。

古い住宅をそのまま使い続けるのがリフォームの基本なので劣化によるトラブル等住宅に潜むリスクは問題になりますが、工事段階で適切に対処する限り全く問題ありません。さらに費用をおさえたいのならキッチン設備のみリフォームするなどピンポイントでリフォーム工事を絞れば予算が乏しくても十分メリットの有るリフォームが実行できます。

あらかじめいくつかのプランを用意して比較し、予算に応じてプランを変更できるというのもリフォームならではです。建て替えと比べると制限がありますが、制限の中であれば自由度が高く費用も柔軟にできるのがリフォームのメリットです。

もう一つ大きいのが補助金の存在です。建て替え工事に支給される補助金もありますが、リフォームの場合は工事内容や規模に応じでさまざまな補助金があるので補助金が受け取れるようプランを調整することで負担を減らしながら満足の行く工事を行えます。補助金だけでなくリフォームを対象とした減税措置もあるので最大限有効活用しましょう。

建て替えとリフォームを工事期間で比較する

建て替えは新築工事と同等かそれ以上の工事期間が必要

建て替え工事には新築工事と同等かそれ以上の工事期間が必要です。古い建物の解体まで含めると確実に工事期間は新築よりも長くなります。建物の大きさや建て替え内容によっても変わってきますが、建て替え工事にかかる期間は2〜8カ月程度です。

ハウスメーカーの既成住宅であれば2カ月程度で完成しますが、フルオーダーメイドで建て替えるとなると半年以上の工事期間になるのはザラです。完成までに1年以上の期間がかかることも珍しくありません。

小規模なリフォームなら1日で完了

数カ月の工事期間が必要な建て替えと比較すると、リフォーム工事は短期間で完了するものが多く見られます。例えばトイレリフォームは、便器の交換から壁紙の張替えまで工事しても工事期間1日で完了します。キッチンリフォームシンクコンロなど規格化された設備の交換であれば工事に必要なのは1日だけです。

柱と梁以外すべて一新するような大規模なリフォームになると建て替えより長い工事期間が必要になるケースもありますが、基本的には住宅に住み続けたまま短期間で工事できるのがリフォームの特徴です。住宅の全面リフォームでなければ長くても2週間もあれば工事は完了します。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る