このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォームローンの金利比較|オススメの最安値施工業者を紹介

リフォームローンの金利比較|オススメの最安値施工業者を紹介

325view

2018.01.23

リフォームローンの金利比較

リフォームローンの特徴とは

リフォームローンは高額になるケースも多く、低金利であるに越したことはないのですが、それ以外にも様々な特徴があります。

金利以外で注意したいのは借入限度額で、金利が低くても借入限度額が工事費用よりも低いと資金不足が起こります。

また、住宅ローンの場合には有担保が必須ですが、リフォームローンは住宅ローンより若干高い金利であることが多く、中には無担保ローンもあり、その分だけ金利も高くなっています。

さらにリフォームという目的のためのローンではありますが、借金することに変わりはなく、返済のコツとしては繰り上げ返済することが重要で、繰り上げ返済時の手数料も事前に知っておきたいポイントです。

無担保ローンの場合にはネットバンクがおすすめ

リフォームローンの中には、有担保ローンや住宅ローンの利用者を条件としているものも多くあり、これらの条件に当てはまらない人の場合には無担保のリフォームローンを検討することになります。

ネットバンクは、銀行としては後発組ということもあり、住宅ローンとともにリフォームローンに特に力をいれているところも多く、メリットの多いリフォームローンが提供されているケースが多くあります。

また、リフォームには国や自治体から様々な補助金制度が提供されていますので、リフォームを検討する際には補助金制度が適用されるかどうかをしっかりと確認しておきたいところです。

補助金制度の適用を受けられる場合には、リフォームローンの金利負担が小さくなるという非常に大きなメリットがありますので非常に大切です。

おすすめの最安値施工業者とは

リフォームの見積もりを取る際に重要な2つのポイント

リフォームする際には施工業者に依頼することになりますが、大切なことは施工業者の言いなりになるのではなく、きちんとこちらの希望を伝えたうえで見積もりを提示してもらうということです。

施工業者に見積もりをもらう際には重要なポイントが2つあります。

  • 具体的にどのようなリフォームをしたいのか明確に伝える
  • 最低でも2社以上の見積もりをもらう

リフォームの場合の多いトラブルとして、リフォームは完成したものの考えていたものとは大きく異なるものであったというケースです。

これは、当初の打ち合わせ時に明確にこちらの希望を伝えてなかったから起こることで、しっかりと打ち合わせをしたうえで、見積もり費用が納得いくものかどうか確認することが大事です。

例えば、キッチンの工事であれば、キッチンのどの部分をどのようにリフォームしたいのかを明確に伝えるようにします。

明確な打ち合わせをしておくことで、後から余計な工事が発生したりする余計なトラブルを防ぐことにもなりますし、完成後考えていたものとは全然違うなどということもないでしょう。

大手業者の場合には、実際のリフォーム工事は下請け、孫請け業者が担当することも多いですからしっかりと確認しておきましょう。

また、この作業を2社以上の業者に見積依頼することで、さらに間違いのないリフォームを期待できますし、費用面からも高いコストパフォーマンスを期待することができるようになります。

リフォームの費用は高額になることが多いですから、2社以上の業者で比較検討するというのは常識で、比較することでより希望に近いリフォームができると考えておきましょう。

格安な優良業者の条件とは

大切なリフォームですから、格安でも工事内容が劣るような取引は何としても避けたいところですが,そうは言っても抑えられる費用はなるべく抑えたいものです。

格安で、かつ優良なリフォーム業者にはいくつかの共通したポイントがありますので、見積もりを依頼する際にはきちんと押さえておきましょう。

  • 工事内容やかかる費用を詳細に説明してくれる
  • トラブルが発生した際の担当者や責任者がはっきりしている
  • 工期が伸びる場合の補償や対応に取り決めがある
  • アフターフォロー、瑕疵が生じた場合の補償が充実している
  • 施工事例が豊富である

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る