このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 外壁 知らないと損をするリフォームに関連した様々な支援制度について

知らないと損をするリフォームに関連した様々な支援制度について

312view

2018.01.23

中古住宅をリフォームして理想の我が家を作る

若い世代を中心に人気を集める中古住宅

最近は、価格が安い中古住宅を購入してリフォームやリノベーションを行って住む人が増えています。

新築物件は高額なので、若い世代のファミリーはなかなか手を出せません。しかし、中古住宅になると立地条件が良い物件でも手頃な価格で購入できるなど様々なメリットがあります。

中古住宅であっても構造に問題がなければキッチンやバスルーム、トイレなど古さが気になる部分をリフォームすることで快適に暮らすことができます。

水周りのリフォームは、関連する工事をまとめて行うことで効率が良くなり費用も安くなるというメリットがあります。

中古住宅のリフォームで気をつけること

中古住宅を購入してリフォームを行う場合、事前に住宅の基本性能をチェックすることが大事です。インテリアや設備は、リフォームで美しく変えることができます。しかし、建物の構造に問題があると、後でトラブルに発展することもあります。ですから、購入前には耐震性などのチェックを行い、問題がある場合は耐震補強工事をしてもらった方が安心です。

費用がかかると躊躇する人もいますが、多くの地方自治体が耐震リフォームや耐震診断に補助金を出しています。補助の内容は、自治体によって異なります。

リフォームと政府の補助金制度

リフォームを行ってトラブルを避ける

家を美しく安全に保つためには、定期的なリフォームが必要になります。キッチンやバスルーム、トイレなどの水まわりは、15年から25年がリフォームのタイミングです。見えない部分で劣化が進んでいることもあるので、将来のトラブルを避けるためにも定期的に調べて適切な時期にリフォームを行うことが大切です。

国や自治体が行っている様々な支援

日本では、耐震性能の向上やバリアフリー、省エネ目的のリフォームについては、国や自治体から補助を受けられる可能性があります。

家族の中に高齢者がいる場合、バリアフリーにすると条件を満たしていれば減税対象となります。

介護が必要な家族のためにバリアフリー工事を行った場合は、介護保険から工事費用の9割が支給されます。支給を受けたい場合は、必要な書類を市町村の介護保険課に提出します。

太陽光発電などの省エネリフォームも補助がもらえます。良質なエコ住宅の取得や改修を推進する目的でスタートしたのが住宅ストック循環支援事業です。

条件を満たしたエコ住宅を取得したり、エコリフォームを行った場合に補助金をもらうことができます。外壁の断熱改修で12万円も補助が出るので、経済的な負担をかなり減らすことができます。限度額は、一戸につき30万円までとなっていますが、耐震改修を行うと45万円までになります。

リフォームによって住宅の性能を高め、長期優良住宅化した場合は、長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を受けられる可能性があります。

予算枠がある補助金の場合は、申請された額が予算枠に達すると早めに受付を終了してしまうこともあるので、こまめにチェックして確認する必要があります。

国が政策として推進しているリフォームの場合は、優遇制度が多いため賢く活用することでリフォーム費用の負担を減らすことができます。最近は、リフォーム関連の比較サイトも増えています。リフォーム関連の比較サイトの中には、リフォーム会社のサービス内容の比較に加えて国や自治体の補助金についても詳しく説明されているサイトもあります。

日本にはリフォーム会社が数多く存在するので、どのリフォーム会社を選んだらよいか迷った場合は比較サイトも参考になります。

自宅の定期的なリフォームは、家族が長期にわたって快適な生活を送るための大切な投資でもあります。ですから、利用できる支援制度は積極的に利用して納得のいくリフォームを行うことが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る