このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム トラブル 実績は信頼の証!リフォーム業者は実績で選んでトラブルを回避する

実績は信頼の証!リフォーム業者は実績で選んでトラブルを回避する

164view

2018.04.07

リフォーム業者選びのポイントは「実績」

住宅に新しい価値を与えるリフォーム工事が人気です。リフォーム工事は年々工事技術が進歩しており業社の数も増えていますが、リフォーム市場が活性化すると同時に増加しているのが工事にまつわるトラブルです。とても残念なことですが、リフォーム工事を請け負う業社の中にはずさんな工事で法外な料金を請求する悪質な業社が紛れています。そのような悪質な業社に当たらないためにも「実績」をポイントに工事業者を選びましょう。

なぜ実績が大切なのか

なぜリフォーム工事を依頼する業者選びで実績が大切なのか?それは工事の実績はごまかしが効かないからです。

実績というのは信頼の証拠です。業社に工事を依頼する人たちはさまざまなポイントを基準にそれぞれの業者を比較して依頼先を選びますが、数々のチェックポイントを比較検討した結果として現れるのが業社の工事実績です。多くの実績を持つ業社というのは厳しいチェックを勝ち抜いてたくさんの顧客を獲得してきた結果であり、目に見えるところも外からでは分かりにくいところも一定程度の信頼ができると判断してまず問題ありません。

もちろん実績だけで全てを判断できるわけではありませんが、実績を根拠に比較すればハズレを引く可能性が低いのは統計的に信頼できる事実です。細かい希望まで一致するような理想の業者を探すのは簡単ではありません。

とは言え、トラブルをひんぱんに起こすような悪質な業社ほど実績が少ないのは事実です。まずは実績を参考に信頼できる業社を絞り込んでおくとよりよい業者に出会える可能性が高くなり、トラブルを未然に回避するのに役立つでしょう。

「実績」をどう比較する?

実績を参考に業社を選ぶとトラブルを未然に回避できる、というのは大きなメリットですが実際に比較する場合はどのような点に注目すればいいのでしょうか?

ひとつの基準として参考になるのが実績の多さですが、単純に工事件数が多ければいいというものではありません。一口にリフォーム工事と言っても数時間で終わる簡単な部分リフォームから建て替えに近い全面リフォームまで内容はさまざまです。手がけた件数はひとつの参考にはなりますが、それだけを実績と見て判断するのは危険です。

実績を比較するのであれば数だけでなく質にも注目しましょう。リフォームの内容や規模もきちんと比較検討し、信頼できる実績として参考になるもののみを実績としてカウントすればよりよい業者に出会える可能性は高くなります。

業社の「強み」に注目

業社によって得意なリフォーム、苦手なリフォームが存在します。業社が得意とするのはどのようなリフォームなのかを過去の実績から見つけ出しましょう。

キッチンリフォームを多く手がけている業社、間取り変更をともなうリフォームの経験が豊富な業社、バリアフリーに特化した業社などリフォーム業者はそれぞれ「強み」を持っています。多くの工事業者は依頼すればどんなリフォーム工事でも請け負ってくれますが、強みに合う依頼をすればそれだけ満足の行くリフォームをしてもらえる可能性は高くなります。

過去の実績から業社の強みを理解した上で依頼先を選べば費用面でも工期の面でも得をしますし、余計なトラブルに見舞われる可能性は低くなります。どんな工事を手がけてきたのか過去の実績をチェックし、それぞれの業社が持つ強みをしっかり見つけ出すことがリフォーム成功への第一歩です。

実績の水増しに注意

リフォーム業者の中には実績を水増しする悪質な業社も存在します。見せ掛けの実績を信頼して依頼をすれば高確率でトラブルに見舞われるので、実績に疑わしい点が見受けられる場合は慎重に対応してください。

実績について問い合わせても具体的な回答が得られない、写真など過去の工事を裏付ける具体的な証拠が無いなど実績に関して信用できない業社経は依頼を回避した方がいいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る