このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 水回り アイランドキッチンは使う環境を選ぶ。リフォームはよく考えて

アイランドキッチンは使う環境を選ぶ。リフォームはよく考えて

354view

2018.01.23

アイランドキッチンの注意点

リフォームの際にはトラブルに注意

アイランドキッチンは見た目がオシャレで、機能的な面も多くありますが、それだけで壁付き型のキッチンからリフォームをしてしまうとトラブルに見舞われてしまうことがあります。アイランドキッチンには良い面もたくさんありますが、誰にとっても使いやすく快適なキッチンというわけではありません。自分にとって理想のキッチンなのか、他の型のキッチンにはどんなメリットがあるのかについて、比較検討してから実行をしましょう。

費用がかかる

アイランドキッチンへのリフォームは元のキッチンの形態にもよりますが、比較的費用が高額になりやすい傾向にあります。契約を結んだあとでも、実際にリフォームの工事を始めてみたら長年キッチンの下になっていた床が傷んでいた場合は追加料金がかかってしまうこともあります。

耐震性目的や太陽発電を利用する工事、バリアフリー目的、あるいはリフォームを地元の業者に依頼した場合に補助金や減税がある場合があります。詳細は自治体によって違うので、あらかじめどれくらい補助金や減税が期待できるのかについて調べておくことをおすすめします。

キッチンが丸見え

アイランドキッチンは解放的である一方で、キッチンが丸見えになってしまいます。キッチンの上に使用済みの皿やゴミなどが積み重なっていると清潔感がありません。出しっぱなしにしてある調味料や洗剤などによっては生活感がにじみ出てしまいます。

キッチンを常に綺麗に保つことを求められます。

子どもの遊び場になりやすい

アイランドキッチンは簡単に入り込めるので幼い子供の遊び場になりやすいです。キッチンの周りを走り回ったり、キッチンの上に手を伸ばしたりすると危険であり、トラブルのもとになりやすいです。アイランドキッチンの間取りによってはベビーゲートの設置も難しい場合があります。

換気がしにくい

普通の型のキッチンは壁に換気扇がついていますが、アイランドキッチンの場合は壁に接している面がないので、天井に設置することになります。そうなると換気能力が発揮しにくくなってしまいます。ニオイの強いものを頻繁に調理するようなキッチンには不向きです。

収納スペースを確保しにくい

アイランドキッチンは壁に面していないので、吊戸棚がないのは一般的です。アイランドキッチンの主な収納スペースはシンクやコンロ、調理台の真下です。リフォームするまで吊戸棚を活用していた人にとっては収納が物足りないと感じやすいです。しかし、アイランドキッチンは壁に面していないからこそ、動線上のどこにでも収納をすることができるという面もあります。収納スペースは自分で考えて確保をする必要があります。

アイランドキッチンだからこそ出来ること

大人数での調理ができる

アイランドキッチンにリフォームをすると、キッチンをぐるりと囲んで大人数で調理を楽しむことができます。幼い子どもにとっては遊び場となってしまいやすいですが、少し成長すればキッチンはお手伝いやコミュニケーションの場となるでしょう。

動線が良くなる

四方が壁に囲まれていないアイランドキッチンにリフォームをすると動線が非常にスムーズになるというメリットがあります。キッチンからダイニングテーブル、あるいはダイニングテーブルからキッチンへの移動を最短距離で行うことができるので、配膳や片づけが素早くできます。複数でキッチンを利用するときにもぶつかってしまうというトラブルを避けやすくなります。

片づけの習慣が付く

アイランドキッチンにリフォームをすると、綺麗に片づけられた状態ならば非常にスタイリッシュで見栄えが良いです。しかし、物が出しっぱなしであったり、汚れていたりするととても目立ってしまいます。なので、片づけの習慣が付きやすいです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る