このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 内装 東京でマンションの内装リフォーム!業者の選び方や費用のまとめ!

東京でマンションの内装リフォーム!業者の選び方や費用のまとめ!

297view

2018.03.26

東京でマンションをリフォームする場合、予算はいくらぐらい必要でしょうか?

東京のリフォーム専門業者は内装のリフォームやリノベーションに対応してくれるので機能面やお洒落感も満足できる部屋が作れる可能性も高いと言えます。

東京の相場のリフォーム相場

とはいえ、リフォームを行うときに気になることといえば相場。

これは築20年のマンションで総工事面積が45平方センチメートルの物件だと約300万円程度の金額が必要です。

施工期間は30日ですが長くなると費用はかさみます。

築年数15年の物件を行う場合は施行期間が14日位でも300万円ほどかかるのが特徴です。

これは部屋を大きくするために壁を崩すといった大掛かりな作業を行なっているので、その分お金が沢山必要となっています。

地震に備えた工事や生活動線改良の段差解消、手すりの設置と安全面やバリアフリーを意識したリフォームをするときは1000万円位かかる場合もあるので計画的に行いましょう。

実際に作業を行なう際は対応できるのかどうかが重要です。

マンションの構造は1つではなくラーメン楮や壁式構造といったものが用意されています。

壁式構造は柱や梁のないシンプルな空間になりますが地震や強い構造をしているため工事に制限がかかってしまうのがネックです。

特に低階層のマンションは壁式構造を採用しているところが多いため調査を行ってもらうのが基本と言えます。

東京のリフォーム業者のトラブル回避は業者選びから

業者選びは特に重要な作業でトラブル回避のためにも選び方を知っておくと良いでしょう。

東京には数多くのリフォーム業者があるのですが会社といっても、どの部分に特化しているのか違っています。

例えば水回りに強いところに頼めばお風呂場やキッチンのリフォームで力を発揮してくれるのが特徴です。

原状回復を行なう際は内装専門業者に頼むのが良い、間取りを変えるには提案力や専門知識のある設計事務所に頼むのが適切といえます。

専門会社は小規模なところから中規模なところが多く主に地域密着型でサービスを行なっているお店がたくさんです。

家電量販店でも一部相談カウンターを設けているところなら対応してくれます。

お店に売っている商品を使って小規模な工事を行なってくれるのが特徴で他のサービスに比べると比較的安価です。

ハウスメーカー系のサービスだと小会社や事業の一部として行なっているところがあります。

新築がメインでメンテナンスといった内容ですが新規工事を行なってくれるところもあるのが特徴です。

こちらが希望する工事を行なってくれるかどうかが業者選びの重要なポイントと言えます。

打ち合わせをするときに話をしっかり聞いてくれるか、会社側の意見ばかり押し付けてくるのかを見ておくと良いです。

またメリット以外にデメリットも教えてくれる業者だと信頼感は高く安心して工事が出来ます。

工事完了後もその後のサポートが大事

工事完了後もその後のサポートが大事です。

しっかり行ってくれるところなら末永く利用できるので、このような業者を選ぶのが重要となっています。

保証や補償、保険といったものも説明してもらえるなら安心です。

工事中に事故で隣の家に傷がついていしまう可能性もあるのでちゃんと見ておきましょう。上記のような状態になると修理代金を支払わないと行けない場合があります。

基本的に業者は住宅推進協議会といった団体に加盟しているところが理想的です。

加盟してない優良業者もいますが消費者の信頼を得るにはこのような団体に入っている会社が多いため、選定基準として使えます。

インターネットを使うと簡単に業者を見つける事ができるので必見です。

複数の業者に一括で見積もりを出す事ができるので予算に応じた会社を見つけたいときに便利と言えます。上記の内容を理解して依頼をすると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る