このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 外壁 リフォームは選ぶ業者が重要!目的に合った業者選びと失敗しないコツ

リフォームは選ぶ業者が重要!目的に合った業者選びと失敗しないコツ

297view

2018.01.23

部分的にリフォームをする場合の業者選びのコツ

まず大切なのは、自分がやりたいと思っているリフォーム事例をどれだけその業者がやっているのか確認する事です。施工事例などを見せてもらいどの分野のリフォームが多いのか、自分の要望に合ったリフォームを引き受けてくれそうかを判断する事が大切です。例えばキッチンリフォームをする場合デザイン重視でオシャレなキッチンにしたいのであれば、設計事務所などへ依頼したほうが融通も利きます。

デザインではなく、機能性や古くなってしまったキッチンを最新のものに取り換えたい場合は、費用を安く抑える事も可能で小回りが利く地元のリフォーム会社へ依頼したほうがいいといえます。このようにリフォーム内容によって、業者の選び方は変わってきます。キッチンリフォームの施工事例が多いからといって、必ずしも自分の希望通りのリフォームができるとは限りません。

実際にお店へ行って、施工事例をきちんと見せてもらう事が大切なのです。またリフォームで外壁塗装をしたいという場合は、特に慎重に業者選びを行う必要があります。外壁塗装はリフォームの中でも手抜き工事がしやすい分野といわれているからです。外壁塗装の場合、キッチンやトイレリフォームのようにある程度決まった定価というものが存在していません。

そして塗料や方法についても素人にはわかりにくい為、たとえ手抜き工事をしても気づかれにくいという面があります。写真や実績など施工事例を確認した上で複数の業者を比較して選ぶ事が、業者とのトラブルを避ける為には重要なのです。

介護リフォームでの業者選びのコツ

介護リフォームはケアマネージャー任せにしない事

介護リフォームでは要介護の状態に合わせて、助成金や補助金が出る場合があります。介護リフォームの場合、助成金や補助金が出るケースは多いので、まずそこを確認しておく必要があります。補助金は介護保険や自治体によって様々で一定の金額を補助してくれる為、大きなメリットがあります。こうした介護リフォームで助成金や補助金を使う場合は事前申請が必要となります。

その為にもプランをしっかり決めておく事が重要でケアマネージャーと相談して決める事が多いといいます。もちろんケアマネージャーは介護のプロですからどういったリフォームが必要なのかプラン作りでは力になってくれますし、申請方法も熟知しているので助かります。業者に関しても紹介してくれる事がありますが、ここで任せっきりにするのは非常に危険です。

ケアマネージャーは介護のプロであってリフォームのプロではありません。その為ケアマネージャーが紹介してくれる場合、福祉関連の用具貸出しなどをする業者を通して外注で行う可能性もあります。地域によっては、介護リフォームで補助金をもらう為には市役所などに介護リフォームを扱う事を登録している業者でないと駄目なところもあります。

その場合、ある程度業者は限られてしまいますが業者選びは基本的には利用者に決める権利があります。そのため、自分の目で業者を見て決める事が大切です。業者選びをケアマネージャー任せにした事によりトラブルに発展してしまえば、余計にお金が掛かり補助金というメリットもデメリットになりかねないので注意しましょう。

介護リフォーム実績が豊富な業者を選ぶ事が大切

介護リフォームをする人は増えてきていますが、業者に関しては介護リフォームを専門としてやっているところはそこまで多くはありません。介護リフォームの場合は一般的なリフォームと違った専門的な知識が必要となります。特に補助金を申請する場合には厳密な基準があるので、知識が豊富で実績が多い業者を選ぶ事が重要です。

手すりを一つ付けるにしても利用者ごとに取り付けのコツや大きさなどが分かれています。そうした細かな配慮ができる業者を選ぶ為には介護リフォーム実績が豊富な事は欠かせません。一つの目安として福祉住環境コーディネーターが在籍しているかも、比較する上での大切なチェックポイントです。

福祉住環境コーディネーターは高齢者が住みやすい環境も熟知しているので無駄な費用やトラブルを避け、安全な介護リフォームを行う事が可能になります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る