このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム トイレ 中古物件を購入してリフォームすれば理想のマイホームが手に入る

中古物件を購入してリフォームすれば理想のマイホームが手に入る

316view

2018.01.23

中古物件を購入してリフォームするメリット

新築物件より費用が格安

理想のマイホームを手に入れたいと願っていても、新築物件を購入するとなると費用が大きなネックになります。通勤や通学に便利な駅の近くがいいとか、子供を育てやすい閑静な住宅街がいいと考えていても、予算オーバーしてしまうこともあります。そんな時には新築にこだわるのではなく中古物件にも目を向けてみましょう。新築よりも購入価格が安くてすみますから、希望条件を満たす物件がたくさんあります。

キッチンやバスルームなど気になる部分やトラブルがある部分はリフォームしてしまえば大丈夫です。中古物件とリフォーム費用を足しても新築を購入するより安いですから、予算に余裕ができます。また、リフォームすることで理想通りの見た目や設備を手に入れられますから、妥協せずに理想の我が家になります。

物件数が豊富で選択の幅が広い

現代は新築物件よりも中古物件の方が多く流通しています。物件数が多いですから希望条件を満たしてくれる物件が多くなります。新築だと予算の都合で駅から遠い場所になってしまったり、広さを我慢しなくてはならないなど、何かを諦めて予算内に収まる物件を探すしかありません。

しかし、物件数が多い中古なら希望を全て満たしてくれる物件が複数見つかりますから、比較検討して最善の家を探せます。古くなってトラブルが起きている部分や満足できない部分はリフォームしてしまえば、自分達好みの理想の家となってくれます。

家の中身を確認できる

中古物件なら購入前に下見をして、中がどんな風になっているのかを自分達の目で見て確認することができます。広さや間取り、キッチンやトイレなどの水周りや設備、日当たりや風通しなど、細部までこだわった物件探しができます。周りの音はうるさくないかとか近所の環境はどうかなど、事前に体感できるというのが大きなメリットです。

まだ出来上がっていない新築物件だとそうはいきません。モデルハウスなどで大まかな広さやなどは確認できても、実際に住む環境とは異なっていますから、いざ住み始めてみるとこんなはずではなかったと感じる部分も出てきます。

また、リフォーム前提での中古物件の下見なら、設備や内装を下見でじっくりと確認しながら、リフォームのプランも一緒に立てられます。下見をしながらリフォームしたい部分をチェックして、後から費用面をじっくり検討することもできます。

リフォーム費用を抑えるコツ

中古物件を購入して同時にリフォームをする場合、以前だと別々に住宅ローンとリフォームローンを組む必要がありました。今は住宅ローンの種類も豊富になっていますから、両方を同じ住宅ローンとして借りることもできます。ローンを一本化することができて金利面でもお得になり、月々支払うローンの額も少なくなりますから経済的負担が軽くてすみます。

また、リフォームで活用できる助成制度もいくつかありますから、補助金が受けられるようなリフォームを施すことで、費用を抑えられます。補助金も複数の団体のものを活用できますから、上手に生かすことで費用を安くできます。

中古物件を購入してリフォームするなら、物件購入とリフォームのプランを同時進行させるのが大切です。契約やローンの関係であまり日数をかけられませんから、物件を決めたらすぐにリフォーム会社を決めてしまうのが一番です。一社ずつリフォーム会社の見積もりを取って比較していると時間がかかってしまいますから、一括見積もりサイトを活用しましょう。

複数のリフォーム会社にまとめて見積もり依頼ができますから、時間と手間の節約になります。各社の見積もりを比較して費用やサービス内容などを検討することができますから、信頼できるリフォーム業者探しに役立ちます。ネットから簡単に複数の会社に見積もりを依頼できますし、無料ですからリスクもありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る