このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム トイレ 和式トイレの格安リフォーム!費用のメリットとデメリットはここ!

和式トイレの格安リフォーム!費用のメリットとデメリットはここ!

324view

2018.03.27

トイレをリフォームする際に、洋式にしようか和式にしようか考えた事はありませんか?

今は洋式トイレを設置している建物がほとんどですが、中には和式トイレを好む人も中にはいます。

和式トイレにリフォームする理由

和式が好まれる理由はいくつかありますが、その中でも費用が非常にリーズナブルな点が挙げられます。

洋式トイレのリフォーム代金と比べた場合半額近い額でリフォームが完成するパターンがほとんどです。

通常だと洋式リトイレへのフォーム代金として便器の種類を最新のものにすると1,000,000円から2,000,000円程度のリフォーム費用がかかる可能性がありますが、和式トイレの場合最新型にしてもだと500,000円から1,000,000円という非常にリーズナブルな費用で済む場合がほとんどです。

次に掃除が非常に楽なのも大きな特徴です。

洋式の場合だと細かいところまで掃除をしなければいけないですが、和式だと作りが非常に簡単なので掃除をしやすいです。

またトイレの中のそうが非常に浅いので、水はねしないのも大きなメリットです。

汚れた水も一緒に排水する事も出来ます。

排便しやすいというメリットもあります。

こちらを利用すると洋式と違い、しゃがんで用をたす事になります。

しゃがんで用をたすと排便しやすくなるというメリットもあります。

また何回もしゃがんだり立ったりするので、足腰や腹筋が鍛えられるというメリットもあります。

そのため体力を強化したい人や、妊娠出産を控えている妊婦さんなどが運動がてらこちらの様式を利用する場合も多いです。

和式の場合には衛生的という非常に良い点もあります。

洋式の場合には直接便座に座る事があるので、体にとっては不衛生な可能性が高いです。

しかしこちらの形状だと直接便座に座る事はないです。

そのような理由からもこちらの形状は素晴らしいのも特徴になります。

和式トイレのデメリット

しかし和式にはデメリットもいくつかあります。

こちらの形状のものを設置した場合、トラブルが発生した時に再度リフォームする事が難しい点があります。

こちらの様式の場合だと一回設置すると再度設置するのが難しいからです。

そのため一度設置したらトラブルを起こさないように、丁寧に使用する事も必要です。

トイレットペーパーが流れにくいというデメリットもあります。

こちらの形状の場合だと水の勢いのみを利用した排水システムとなっています。

そのような理由から水の流れが一度悪くなるとなかなか流れなくなります。

水流によっては中でグルグル回ってしまう可能性すら高いです。

そのため排水システムについてはメーカーが指定しているメンテナンスをきちんと行う必要があります。

メンテナンスをきちんと行えばメーカー保証などが付きますが、メーカー保証通りのメンテナンスを行わないとメーカー保証が付かない可能性もあるので、きちんとメーカーが指定したメンテナンスを定期的に行う必要があるのも特徴です。

高齢者や身体障害者などが利用する際には洋式と比べた場合かなりの筋力が必要になるので、体力的にかなり大変というデメリットもあります。

またこちらの様式だとスペースも洋式の場合と比べたらあまりないので、介護する方もかなり大変です。

高齢者や身体障害者がいる場合には、体力的な面やスペース的な面もよくよく考えておく必要があります。

洋式だと中身が外から見えてしまう事はほとんどないですが、こちらの様式だとどうしても大便などが全て見えてしまいます。

そのためビジュアル的にはかなり不衛生に感じてしまいます。

なのでビジュアル的な面を気にする人にとっては気分が良いものではないです。

最近では非常にお洒落なものも多数ありますが、それでも洋式には絶対にかなわないです。

このような点に力を入れておくと、間違える事はまず無いと考えておいて良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る