このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム マンション 3LDKマンションのリフォーム!相場は?注意点は?

3LDKマンションのリフォーム!相場は?注意点は?

359view

2018.03.25

3LDKのマンションをリフォームの相場はいくらなのか知りたい。3LDKのマンションをリフォームするときには、出された見積金額が相場と比べて本当に正しい金額なのか検討しなくてはいけません。基本的に、リフォームに関する相場はそれほど大きくはありません。

これは、3LDKなどの比較的良いマンションであっても変わりないです。

例えば、リビングの相場は一般的に50万円から100万円程度ですし、ダイニングや寝室に至っては20万円から30万円程度で実施することが可能です。一戸建て住宅の場合には、これ以上の見積もりが必要になることもありますし、普通の住宅を購入しようとする場合にはこの数倍の非常が必要になります。

3LDKのマンションをリフォームの工事の内容

マンションを修繕していくときには、築年数や走行時免責、そして施工期間などが重要になります。

一般的に、築年数が長い年月だとそれだけ修繕しなくてはならないポイントが多くなるため、それだけ費用が大きくなる可能性があります。特に、近年は自然災害の影響もあって耐震基準が厳しくなっており、住宅の根幹に関わるような修繕を行う際にはこの耐震基準を満たさなくてはいけません。

築年数が長い場合だと、この新しい大使基準を満たしていないケースがあるため費用が高くなってしまう可能性があるわけです。また、総工事面積も大切です。広い場所を公示する場合には、一度間取りなどを考え直して部屋の状況をどうするのかを考えなくてはいけません。

例えば、壁で部屋同士が繋がっていない場合にはその部屋を一度繋げるために壁そのものを破壊することもあり得ます。こうした場合には、見積り価格も高くなる可能性があります。

一方で、築年数が比較的短い場合には、ポイントを絞って修繕を行ってもらえるためそれほど大きな費用にはなりません。例えば、築年数が15年から20年程度の住宅だとマンションのリフォームでだいたい300万円から400万円程度で非常に良い修繕を実施することができます。

3LDKだと、元々の素材が良い可能性が高いのでそれほど大きな費用が必要にならないケースが多いです。

水増し!?3LDKのマンションをリフォーム見積もりの注意点

また、実際に見積もりを出してもらうときに気を付けなくてはならないのが意図的に金額を吊り上げられてしまう可能性があることです。

実は、リフォームというのは500万円を超さない金額であるのならば建築業の認可を受けていない業者であっても仕事を請け負うことができます。

つまり、見積金額の500万円をラインとして明確な基準が存在するのです。500万円を超えてしまった場合には、その修繕工事はリフォームではなく普通の建築とほとんど変わらなくなってしまいます。

問題なのは、建築をしてもらうときに関する保証が普通の建築作業と異なって存在しないことです。

建築業者が有利になるようになっているため、リフォームの延長上で建築工事を行ってもらうことは消費者にとってあまり得策とは言えません。

500万円を超えない安い費用での工事には、安さの代わりにその工事に関する明確な補償が業者側からしてもらえないことがあります。ですので、消費者側は相手に対してきちんと契約書を書いてもらって、消費者が一方的に不利にならないように工夫をしなくてはいけません。

一方で、普通の建築作業の場合には住宅建築に関してきちんと保証がありますので、修繕作業の延長で建築作業をしてもらうことにあまりメリットがありません。ですから、見積金額には気をつけて必ず500万円を超えない範囲で仕事を請け負ってもらうことが大切です。

今回のまとめ

3LDKのようなマンションの場合、元の建築物の価値が高い可能性があるためその価値を損なわないように修繕を行う必要があります。相場に気をつけて、不利のない契約で業者に依頼することが大切です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る