このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム マンション 中古マンションをリフォームして住み替えに成功したお話

中古マンションをリフォームして住み替えに成功したお話

572view

2018.02.20

中古マンションをリフォームして新たな生活を始めたUさん(50代の女性)。子供が大きくなり独立した後、広すぎるマンションを売って駅近の中古マンションをリフォーム(リノベーション的な)内装工事を行い、リフォームと住み替えを成功させました。

どんな思いで住み替えを成功させたのか興味深いです。

早速見ていきます。

中古マンションをリフォームして住み替えに成功

30代の時に子どもが生まれたこともあって、ファミリータイプのマンションを購入して住んでいました。同じ年代の子育て世帯が多かったこともあり、共有スペースでは子供を安心して遊ばせることができるなどのメリットが沢山ありました。

しかしその後、子供も大きくなって独り暮らしを始めるようになると、夫婦だけでは使うことがない部屋もあるため広すぎると感じるようになりました。

これから年齢を重ねていくうちに、車の運転ができなくなると公共交通機関を利用しなければなりません。今住んでいるマンションは、部屋の広さを重視して選んだので郊外に位置しているため、買い物をするときには車がなければ生活が不便になってしまいます。

そこでこれからは徒歩圏内で買い物や病院に行けるマンションに住みたいと考えて、住み替えを検討するようになりました。

住かえる物件探し

駅近くに新しいマンションがたつようになったので、見学会に参加しましたが、新築で便利な立地だということもあり予算よりもかなり高いことがわかりました。これまで住んでいたマンションを売却した金額を購入資金の元手にしたいと考えていましたが、それでも新築マンションを購入するのは予算よりもかなりオーバーするので諦めようかと考えていました。

 

そんな時、お世話になっていた不動産会社から、新築ではなく中古のマンションに住み替えをしたらどうかと提案されました。中古はあまり興味がなかったのですが、その不動産会社が取り扱っている中古のマンションを見せてもらったところ、新築のような美しさになっていたので驚きました。

リフォームやリノベーションをすることで、以前住んでいた人の痕跡が全くなくなるほど新しい状態になることにびっくりしました。

見せてもらった物件は、リフォームをすることで生まれ変わるというモデルハウスだったので販売されていたわけではありませんが、参考価格として値段を聞いたところ新築よりかなり安いのでお得だと感じました。しかも中古のマンションのほうがすでに人の生活の流れができているので住環境に優れているということも魅力に感じたので、真剣に検討を始めるようになりました。

すでにリフォームされている物件よりも、自分で購入してから工事を行ってもらったほうが理想の家にできるのではないかと考えました。そこで中古マンションを予算の範囲内で探したところ、駅から徒歩5分以内で、近くに商店街や大学病院がある便利なところを見つけることができました。築年数は15年でしたが、エレベーターも完備されていますし、部屋も夫婦二人にはぴったりな広さだというところに魅力を感じました。

しかも探していた予算の3分の2以下の物件だったので、見つけてすぐに契約を結びました。今まで住んでいたマンションも希望どおりの価格で売却できたので、ほとんど持ち出しなしで住み替えができました。

もちろん入居前にリフォームをしようと考えていたので、物件契約を結んだ不動産会社に依頼してリフォーム業者を紹介してもらいました。

そして1つだけあった和室の部屋をフローリングにしてもらい、水廻りもすべて新しい設備に変えてもらうことにしました。

以前のマンションに住んでいる間に工事をお願いしていたので、引越しをしてすぐに新しい状態の部屋で過ごすことができるようにしました。

これからの生活のことを考えて、お風呂とトイレにはあらかじめ手すりを設置してもらいましたし、脱衣所にもヒートショックを防ぐために暖房機能をつけてもらいました。

キッチンもこれまではガスをつかっていましたが、夫婦二人暮らしなのでそれほど揚げ物などもしないだろうと考えて、IHクッキングヒーターに変えることにしました。クロスも変更してもらったので、以前の住人の痕跡が全くなくなったことに驚きました。

 

住み替えはリフォームで成功

2週間ほどですべてのリフォーム工事を終えてもらい入居しましたが、中古マンションとは思えないような美しさに感動しました。住み替えをするときに、できるだけ老後の生活のことを考えて貯金は崩したくと考えていました。

主人が引退したら年金が主な収入になるので、病気になったり子供たちのお祝いなどでまとまったお金が必要になると必然的に貯金を使わなければなりません。

子供たちには迷惑をかけたくありませんから、住み替えをするときも予算を決めて、それ以上は絶対に越えないように気を付けました。住み替えをして変化したのは、住宅設備が新しく住環境も良くなった代わりに、部屋の広さが以前よりも狭くなったことです。

ただそれは夫婦二人にとってはちょうどぴったりの大きさで、掃除をするにも広い部屋であれば負担になるので満足しています。

ほとんど貯金を崩すことがなく、新しい住処を手に入れることができたのでお得だと思いました。設備も新しくなり、部屋の全体も新築のような美しさになったので、これから本当に第2の人生を始めることになったのだと希望にあふれています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る